JavaScriptがオンになっていないとご利用できません。

lepton

Lepton2

trino

Trino

titan

TITAN

atom

atom

arki

Arki

Posted by はぎ
Posted May 29, 2016 - 1:02 PM 

LeptonのCable Chainを作ってみました。

ホットエンドがY軸方向に移動すると、両端のコードがたわんで、なんか引っかかりそうで気になったため、そのコードをCable Chainに収めてみました。

Cable Chainに収めるコードは、X軸エンドストップスイッチのコードと、X軸モータのコードです。

更に、フレームを止めるネジも少し内側に飛び出ていて引っかかりそうなため、ネジを逆にしネジ頭を内側にして止めなおしました。

Cable Chainにすると以下のようになります。

ホットエンドが奥に移動した場合    ホットエンドが手前に移動した場合

 

部品はここにアップしました

http://www.thingiverse.com/thing:1595316

プリントパーツの個数は以下のとおりです

Body        29個x2    多少余裕があるので2,3個は少なくても大丈夫だと思います

BottomEndStop 2個

LeftEndStop   1個

RightEndStop   1個

 

その他必要な部品

M4x8mm(もしくは5mm)ネジ  4個
  リニアボールベアリングブロックに止めるのに必要です。
  私の場合は、M4タップで少しネジきりが必要でした

M4x2mm程のスペーサ          4個
  5mmのネジを使えば不要だと思います。
  私の場合は、プリントに失敗した切れ端に穴を開けてスペーサとして使用しました

 

最後に、デメリットがちょっとだけあります。

慣れればたいしたことは無いですが、内側にCable Chainを装着するので、内側が少し狭くなってヒーテッドベッドのガラスの着脱が少ししずらくなるという程度です。

あと、プリントした62個のパーツのサポート除去がとても面倒でした......

参考になれば幸いです。

 

必須
 確認してチェック
1 reply
View 657
Posted by sig
Posted Jun 4, 2016 - 8:19 AM

素晴らしいです。

私は、既に何度も引っかけてミスプリントを経験してます。

参考にさせていただきます。

1 reply
View 657

東京都港区東麻布1-4-2 THE WORKERS&CO 401

facebook/genkei.japan

@Genkei1